パリかぶれ日記

都内の大学に通う大学生のつぶやきです

パリかぶれ日記 No.5

こんばんは!

パリ野郎です!

 

今回は日記調で書いてみようと思う。

最近、コンタクトに変えようと思い、コンタクト屋?みたいなところに行き、コンタクトデビューをした。

最初、装着するのに時間がかかり、検査人もイライラし始めていた。

奇跡の一回で装着することができ、無事に家に帰ることができた。

 

しかし、そこからが苦難の連続だった。

家で教えてもらった通りに、コンタクトをつけようとするが全く着かない。

指に張り付くか目の中で折り曲がってしまう。

次第にイライラが募るパリ野郎…。

全く入らず、ついに爆発。

コンタクトを投げ捨て、もう二度とやらないと家族に伝えたところ

「慣れだよ、慣れ」と回答された。

 

ん???

何が慣れなのか?

 

慣れとは、ある一定の成果を繰り返しながら無駄な部分をなくし、より一層効果的な成果を上げることではないのか?

 

例えば、テニスでボールの打ち返しのようなものである。

最初はぎこちなく、変なところに力が入り、打っても上手くいかない。

練習するうちに、無駄な動きがなくなり、いいショットが打てるようになる。

これは慣れといっていいだろう。

 

しかし、このコンタクトは慣れないのだ!

なぜなら、目に入れるという一定の成果を上げていないからだ!

言うなら、テニスの打ち返しでずっと空振りし続けるようなものだ!

これでは慣れようがない!

 

無責任な慣れという言葉により一層怒ったパリ野郎だった。

 

 

追記:2回目のコンタクトチャレンジは失敗し、怒り心頭。

感情に任せ、コンタクトレンズを返品してきた。

 

3回目のコンタクトチャレンジは成功。

やっと心の平穏を手に入れることができた…。

 

 f:id:parisyarou:20170207014332j:image

 

植物の心のような平穏な人生が手に入った…。